肌は手をかけた分だけ潤いが持続する

私は化粧をしても、いつの間にか油が浮き顔がテカテカしている肌質だったので、乾燥肌とは無縁だと思っていました。

あぶらとり紙は常備し、お手洗いに行く度に顔を拭き、ファンデーションを塗るようにしていました。

しかし、それでも浮き出てくる油が嫌になりネットで原因を調べてみました。

すると、なんと油が頻繁に浮いてくるのも原因は肌の乾燥によるものだったのです。

更にはあぶらとり紙を多用すると逆に肌の油分を取りすぎてしまい、益々乾燥肌になっていくというのです。

この情報にはとても衝撃を受けました。

肌を乾燥から守るためにはやはり、保湿です。

洗顔後に化粧水と乳液をつけるのはもちろんですが、日中の紫外線や風といった自然の刺激から暖房冷房といった人工的な空気の中でも肌はどんどん乾燥していくようなので、頻繁にケアをしなくてはいけません。

ですが、一々職場などでお手洗いへ行き、化粧水や乳液を塗りなおすというのは時間も手間もかかってしまいます。

そこで私は保湿スプレーを使うことにしました。

化粧の上から保湿することができるタイプもありますのでそちらが手軽でお勧めですが、私はスプレーの水気のテカる感じも抑えたかったのでスプレーの上から軽くファンデーションを塗るようにしていました。

すると、まったく乾燥しないというわけではないのですが、以前よりも肌の調子が良く頻繁に油が浮き化粧が崩れるということがなくなりました。

簡単なことですが、その基本的なことが一番大事なのだと思いました。

乾燥肌の効果的な対策について

冬の季節から乾燥肌です。

顔の乾燥のせいで、化粧のノリが悪く、すぐに崩れるので悩んでいます。

時期は冬が多いですが、酷い時は夏のエアコンで乾燥する事も多いので、手入れが大変で困っています。

お手入れ方法は、まずお風呂の浴槽に浸かる時に、パックをして保湿をします。

お風呂から上がった後は直ぐに、化粧水を安くてもたっぷりと首まで付けて、ゆっくりパッティングしながら染み込ませます。

その後は、乳液を付け、週に2回美容液を付けるようにしています。

気をつけていることは、なるべくエアコンのところへ行かない事と、自宅でエアコンをつける時は、必ず加湿器を付けて、極力部屋を乾燥しないようにしています。

冬はマスクをすると、口元の保湿効果が高まってほうれい線があまり出ないです。

それと、ビタミンのサプリメントを摂るようにして、春からは肌を焼かないように心掛けています。

乾燥肌の対策は化粧水はしっとりタイプのものをなるべく選んで、とにかくたっぷり使う事を心掛けています。

化粧水は、まず試供品を試してみてピリピリするものや、すぐに蒸発するのは絶対に買わない様にしています。

化粧水で乾燥が酷くなる事も良くあったので、自分に合っている化粧水を長年使っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする