乾燥肌を改善するための方法

私は極度の乾燥肌です。

さらに元々肌がとても弱くてアトピーを持っているため、とても乾燥しやすいです。

乾燥を防ぐためにはエステに通って全身ケアをしてもらうことが一番効果的ですが、金銭的にエステに頻繁に通うことが出来ないので、やはりセルフケアをするしかありません。

私が特にとても乾燥しやすい時は、「お風呂上がり」と「真冬の季節」です。

「お風呂上がり」
お風呂上がりの乾いた頭皮や体の皮膚はとても乾燥します。

乾燥するとどうしても痒くなってしまうため、頭皮や体をかいてしまうため皮膚が剥がれてしまいフケのように皮が浮かび上がってしまいます。

さらに無造作に痒い部分をかいてしまうため、頭皮や体を傷つけてしまいカサブタが沢山出来てしまいます。

「真冬の季節」
一年中乾燥してしまいますが、特に乾燥する季節は真冬です。

空気までも乾燥してしまうことからなのか、朝・昼・夜全ての時間帯で乾燥してしまい白い粉を発生させてしまいます。

この自分の極度の乾燥を改善するためには、やはり保湿が一番です。

お風呂上がりで乾燥してしまった頭皮には頭皮専用の化粧水を付けて、体全体には保湿クリームを塗っています。

真冬においても同じように対処しますが、常に持ち運び出来るクリームを所持して暇さえあれば塗っています。

しかし、保湿するためにクリームを沢山つけてしまうと乾燥を防ぐことが出来ても、ベタついてしまうことにより吹き出物が出来やすくなります。

ですので、たっぷり付けるのではなく満遍なく伸ばして塗るようにしています。

その他には、しっかり水分をとって皮膚が再生するように血液に良いサプリメントを摂取するようにしています。

乾燥は老化の元でもあるので、これからも乾燥対策を徹底的に行っていきたいと思っています。

乾燥肌にも種類がある

“”私は頬や鼻の頭、口周りなどはカサカサしていて
粉がふいてるところもあるのですが
Tゾーンあたりはテカテカしていて脂っぽいです。
乾燥と脂性の混合肌なのでケアは場所別にしなくては
いけないので面倒です。
別の用件で皮膚科にかかったときに
先生に相談したら洗顔のしすぎは、よくないと言われ、洗顔剤で洗うのは1日1回にして、朝はぬるま湯だけで洗っています。

脂っぽいおでこのところもきちんと、化粧水をつけ、乳液でフタをしています。
少しずつですがよくなってきています。

後は季節ごとに化粧水と乳液を変えています。
夏はサッパリ感重視のものにして、冬はサッパリしたものだとカサカサしてしまい保湿力が高くないことを学んだので、しっとりしているものにして、その上に乾燥肌のところだけ保湿クリームを塗っています。

あとは脂っぽくなりたくないので、食べるものを気をつけてスナック菓子などは控えるようにして、食べるとしたら、コラーゲンのあるグミを食べるようにして、食事で栄養をとり、健康な肌を作るための
身体作りをしています。

ストレスはお肌の敵なので、ゆっくり半身浴したり、睡眠をしっかり取るようにしています。

ホルモンの関係で、肌の状態が崩れるときもありますが、普段気をつけていれば、さほど崩れないので上記のことを心がけています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする