肌の乾燥トラブルの自分なりの改善方法

いつも対面販売の化粧品店で買うのですが、そこで美容部員さんがお肌測定器でデータを取ってくれます。

そこでいつも「乾燥肌ですね。

」と言われてしまい意識するようになりました。

思えば、春先にやけに肌が乾燥することなど思い当たることがありました。

そこで、色々調べ試してみることにしました。

長く買っていたメーカーをやめ、以前から気になっていたちふれブランド直営店に行き、エイジングケアの「綾花バイタルアップシリーズ」に切り替えました。

ちふれは、高品質、適正価格で中身を詰め替える商品でとても買いやすいので、助かっています。

そして、その化粧水と乳液は、お風呂から上がってすぐにつけることを知りました。

お肌のお手入れに無頓着でしたので、今までは化粧水をはたいただけで満足していました。

乾燥する冬の基礎化粧品と紫外線対策のためのホワイトニングシリーズと使い分ける大切さも知りました。

他に気を付けていることは、体の内側から潤いを保ちお肌の乾燥を防ぐためにかぼちゃやこんにゃくを積極的に取るようにしたり、睡眠不足気味だった生活習慣から変えてみました。

なかなか毎日ゴールデンタイムに就寝することは難しいですが、目標にしています。

お肌の調子も改善されたような気がして気持ちよく暮らせています。

乾燥しすぎてひびが…

子供のころから極度の乾燥肌で夏なのに脛やひじの内側がカサカサ。

酷い時には季節関係なく乾燥かゆみで粉吹き肌に。

しまいには脛が乾燥で突っ張りカぺカぺになりました。

レジ袋は開けれないし静電気来るしで嫌でした。

まだ20代前半なのにこれはいかんと思い、徹底的にボディクリームを塗りまくりましたが肌も弱かった私はすべてアウトでした。

ベビーオイルも体に合わず湿疹が出ました。

ネットや病院で調べたり診てもらったりしながらようやくたどり着いたのは、ココナッツオイルと少しお高いボディクリームでした。

体を洗うときはデリケートゾーン以外は石鹸を使わずに洗うようにして濡れた体に直接ココナッツオイルを塗りこすらないようにタオルドライをしてそのままボディクリームを塗ります。

外側から保湿しても意味ないと聞いたこともありならスムージーでも飲もうと飲んだのですが、口に合わず心がけとして水をよく飲むようにしています。

石鹸で体を洗わないようにして毎日欠かさずクリームを塗って普段からも気が付いたらクリームを塗るようにしています。

一日でもさぼるとすぐ、前のようにカサカサになってかゆみと粉吹きが始まります。

後気を付けていることとして、暖房や冷房もあまりつけないようにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする